秋田県由利本荘市の組子細工の紹介サイト

アンダーズ 東京(虎ノ門ヒルズ) に採用された組子細工の紹介

TEL.03-5414-3068

〒106-0031 東京都港区西麻布3-23-5

虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京、2014年6月11日 いよいよオープン

虎ノ門ヒルズのアンダーズ東京、2014年6月11日 いよいよオープン

虎ノ門ヒルズ(絵)

2014,6,11 アンダーズ東京がいよいよオープン。

虎ノ門ヒルズ(52階建て)が6月11日オープンしました。

この虎ノ門ヒルズの47階~52階にあるのがアンダーズ東京。

51階にあるホテル業務のラウンジに弊社組子細工が壁装飾作品として大小二つ(ディスク奥と上部)採用されました。

虎ノ門ヒルズにあるANDAZ東京ホテルロビーに装飾された大小二つの組子細工

虎ノ門ヒルズアンダーズ東京ラウンジに設置された大小二つの組子細工

約縦2m60cm x 横6mの大きな組子細工はアンダーズ ラウンジ(ホテルロビー)ディスク奥の壁に設置されております。

虎の門ヒルズ51階のアンダーズ東京ホテルフロントロビーに設置されたディスク奥の組子細工

ANDAZ東京フロントディスク奥の組子細工

また、ディスク上壁には高さ約3m50cm x 横3m40cmの組子細工が設置されております。

虎の門ヒルズ51階のアンダーズ東京ホテルフロントロビーに設置された上部にある組子細工

上部に設置された組子細工

組子細工界の巨匠、内閣総理大臣賞を前人未到の5回受賞された小高重光監修のもと、弟子の組子細工作家、池田金春氏制作の超大作です。

小高重光氏曰く、これほどの大作は今まで経験した事がない、とまで言われた文字通り世界一の大きさを誇る組子細工となりました。

フレームや内部の装飾切子部分には秋田県鳥海山で発掘された神代欅や神代杉(樹齢千年を越える大木が約千5百年前の鳥海山大噴火の泥流によりなぎ倒されその上に火山灰や土砂が降り積もり土中深く永い眠りについた「埋もれ木」)が贅沢に使われた逸品です。

資料希望される方は是非ご連絡を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です